サンフラから北へ450キロ

カリフォルニア州ハンボルト郡の情報を日本で唯一発信

アルケータの治安について

5月17日夕方、アルケータ市内のGストリートと14番通りの角にあるシェル石油のガソリンスタンド付近で警官による発砲があり、不審人物1名が撃たれたとの事。このガソリンスタンドはアルケータのメインストリートに位置し、HSUとダウンタウンの中間にあるので誰もが通る所です。この記事によるとアルケータ警察の警官による発砲で怪我人が出たのは1980年の4月以来らしいのですが、何か少し怖いですね。

私がHSUの学生であった2002年~2006年と較べてアルケータの治安はどうなっているのかと思い少し調べてみました。City-data.comというサイトによると、殺人・レイプ・強盗などの暴力犯罪率は相当増加しています。それまでアメリカ全国平均の6割位であったものが、2013年以降ではアメリカ全国平均を超しています(データは2014年まで)。一方、窃盗・放火などの財産に損害を与える犯罪ではそれほど変化は無い様です。

このサイトのデータによれば、2014年におけるアルケータの暴力犯罪率は全国平均の1.1倍、財産に損害を与える犯罪では1.3倍になります。あくまで統計上からの結論ですが、決してアルケータの治安は良い訳ではないとは言えると思います。私はずっとアルケータは治安の良い平和な街だと思っていたので意外でした。このサイトには他にも色々データが載っている興味のある方は御参考に。

私がHSUの学生時代に巻き込まれた唯一の犯罪と言えば、自転車の盗難です。場所はHSU図書館入口前の自転車置き場です。かなり太いワイヤーチェーンをしていたのにも関わらず、工具か何かで切断されて自転車だけ盗まれました。盗まれたのが300ドル位したTrekのマウンテンバイクでしたので、当時はとてもショックでした。

上記で「アルケータの治安は良い訳ではない」などと書きましたが、私は決して治安が悪いとは思っていません。2年前に数日間アルケータに戻ったときも治安が悪くなったとは感じませんでした。データ上やや高めの数値が出ていますが、常識的な生活を送っていれば巻き込まれないレベルの犯罪率だと思います。なので治安を理由にアルケータを選ばない(例えば留学先にとか)人がもしいたら、それは少し違うかなと思います。

lostcoastoutpost.com