読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフラから北へ450キロ

カリフォルニア州アルケータやその周辺の情報とか。

酩酊者のパラダイス

翻訳

今回のエントリーでは、VICEというサイトで見つけた記事の翻訳を載せます。端折ったところや雑な訳もありますが、御容赦いただければと思います。今回は前半部のみです。

www.vice.com
ハンボルト郡の酩酊者のパラダイスは大麻合法化を恐れる

ヒッピーと白人肉体労働者で構成される、カリフォルニア州のハンボルト郡は、アメリカで最もユニークな農業コミュニティの1つであり、そのコミュニティでは約3万人(ハンボルト郡人口の5分の1以上)が大麻栽培に従事している。アーバン・ディクショナリーでのハンボルトの定義は、「世界でも最高の品質を持つ…、北カリフォルニアの大麻天国」である。ノース・キャロライナにおけるタバコの様なものであり、そこの住民達は彼らの最も有名な生産物を合法市場から遠ざけたいのである。

2010年におけるカリフォルニア州大麻規制法案の投票の準備段階に、この奥まった未開の原生林地帯においてトラックや丸太小屋や家屋敷に張られたステッカーがあった。そのステッカーは「ハンボルト郡を救え‐大麻の非合法継続を」と訴える。その姿勢は単純で合理的な経済的理由に基づく。もし大麻がカリフォルニア州で合法化されるなら(それは遅くとも2016年までに起きると考えられる)、ハンボルト産大麻の価格は下がり、地元産業を解体すると専門家は予測する。

その植物は地元経済と密接に結びついたので、ハンボルトで生み出されるお金の4分の1は大麻栽培から来ていると経済学者は見積もる。そして、生産者の多くは税金を支払っていない(または銀行さえ利用していない、彼らはプラスチック製の筒やガラスのボトルにお金を入れて地中に埋める)ので、地元のサービスは大麻マネーで維持されている。例えば、大麻マネーによって消防車を購入したり、地元ラジオ局や2つのコミュニティセンター、小さな学校を設置したりした。

地元民の言うところの「レッドウッド・カーテン」の背後にある世界は、米国で独特である。地元の店やレストランは、大麻がこの地域にもたらした現金に依存していることを認める。ネイルサロンはこの地域に現れた若い女性のグループの需要に応える為に設置された。彼女たちは「大麻プリンセス」(または「大麻娼婦」)として知られ、リッチな大麻栽培経営者とデートをする。ある大麻生産者は「大麻の合法化は、北カリフォルニアの長く続いたにわか景気の歴史において唯一の最もひどい経済失策だろう」と言う。

もちろん非合法活動に基づく経済に問題もある。1980年代よりは治まったが警察の手入れにより収穫物は一掃され、栽培生産者を餌食にする銃での強盗が多数ある。ある最近の強盗では、60代の夫婦が複数の銃と数千ドルの現金と共に7ポンドの精製された大麻を奪われた。2004年から2012年の間にハンボルトで起きた38件の殺人の内、23件はドラッグ関連である。

続く