サンフラから北へ450キロ

カリフォルニア州ハンボルト郡の情報を日本で唯一発信

An Evening With Beverly Luff Linn

またしても映画の紹介です。題名は An Evening With Beverly Luff Linn で「ビバリー・ラフ・リンとの夜」といった意味でしょうか。ジャンルはコメディで、2017年の2月にアルケータとユリイカで撮影されたそうです。今回、ハンボルトで撮影された映画としては初めてサンダンス映画祭に出品されました。映画の中で出てくる街は a shithole town in the middle of nowhere (何もない辺ぴなしょうもない街)として描かれているそうです。shithole は最近のトランプ大統領の発言で話題になった単語ですよね。

残念ながら現時点ではこの映画の予告編どころかホームページも見つかりません。早く予告編が出てくるのを期待します。ちなみに主演はオーブリー・プラザ (Aubrey Plaza) という女優で、個人的にとても好きなスターなのでこの映画は是非見たいです。この女優さんはテレビのトークショーによく出てくるので、興味のある方は YouTube で探して下さい。ぶっ飛んだことを平気で言うので面白いです。 

lostcoastoutpost.com

 

Humboldt Bay Trail

今回はハンボルト・ベイ・トレイルについて。 ハンボルト・ベイ・トレイルとはアルケータからユリイカまでの13マイル(約21キロ)にわたる自転車・歩行者用通路のことです。あまりぱっとしない話題かと思われるかもしれませんが、個人的には画期的な事だと思っています。なぜならアルケータ‐ユリイカ間を安全かつ快適に自転車等で移動できるからです。自転車でのツーリングなら決して長くない距離ですし、何よりアルケータ湾に沿って通路ができているので天候の良い季節なら最高に気持ちが良いと思います。ツーリングを兼ねてアルケータからベイショアモールにちょっと買い物とかが可能になります。もちろん日常生活だけでなく観光という点でもすごく良いと思います。私がアルケータを再訪した際は絶対にそこをツーリングすると思います(※現状としてレンタル自転車は普及していない模様…)。

以下はHumboldt Bay Trailの公式サイトになります。実は、このトレイルはまだ全て完成した訳ではないようです。

humboldtgov.org

上記のサイト内に出ているトレイル全長の地図です。

 http://humboldtgov.org/DocumentCenter/View/62358

以下の記事はアルケータ側のトレイルの一部完成について書かれた記事

lostcoastoutpost.com 

以下の動画ではこのトレイルとハンボルト湾に生息する生物を紹介しています。話している英語が分からなくとも、どれ程自然豊かな場所かは分かって頂けると思います。


Humboldt Bay Trail: Arcata Bay

Top 10 Reasons to Live in Humboldt County

アルケータ郊外在住の若者が、ハンボルト郡に住む10の理由というタイトルで動画を作っていたので紹介します。残念ながら日本語字幕はなく且つ若者がカメラの前で話しているだけの動画ですので、英語が分からないと楽しめないかもしれません。ただ非常に分りやすい英語を話しているので、近い将来ハンボルト州立大学へ進学や語学研修する予定の人は是非リスニングに挑戦をして欲しいです。ちなみにその10の理由は、

  1. The Weather 天候
  2. No Traffic 渋滞とは無縁
  3. It's so green 自然の豊かさ
  4. The Quiet 静寂さ
  5. The Scenery 風景
  6. Small Community スモール・コミュニティ 
  7. The Mountain Bike Trails 
  8. The Rain 雨 
  9. So Peaceful 平和
  10. The Food 地元の食材

になります。7番目のThe Mountain Bike Trailsの意味は、マウンテンバイクで楽しめるオフロード・オンロードがいくつもあるということです。個人的にもこの10個の理由に違和感は無いです。8番目のThe Rainも納得です。秋の終わり頃あたりから(?)rainy seasonが始まってひたすら雨が降り続くのですが、霧のような優しい雨も多く、何より時折雨が止んだ後に見える夕日に照らされたハンボルトの景色は本当に美しいです。


Top 10 Reasons to Live in Humboldt County

Woodshock

以前に紹介した キルスティン・ダンスト主演の『Woodshock』のトレーラーを見つけたので紹介します。全く明るい映画ではなさそうです。悪いドラッグを使用してパラノイアに陥る女性の物語との事。2017年9月にアメリカで公開予定です。


Woodshock (2017) Official Trailer HD | A24, Kirsten Dunst, Joe Cole

Trinidad

今回はアルケータから北へ24km離れた位置にあるTrinidad(トリニダッド)という街について。トリニダッドにはいくつものビーチがあり風光明媚な海岸線を楽しむことが出来ます。 Trinidad Memorial Lighthouse という灯台のモニュメントがある場所にはハンボルト郡を縦断して走っている公共バスでもアルケータから行くことも出来ます。そこから徒歩で下って海岸に辿り着けたと思います。

動画はトリニダッドにあるタートル・ロックス・インという宿のスタッフが撮影しているようで、上手い撮影ではないですがトリニダッドの雰囲気はよく伝わってきます。撮影時期は初夏~夏くらいでしょうか。上記の Trinidad Memorial Lighthouseは1分8秒あたりに出てきます。以前のエントリでも書きましたが、時期によって沖でクジラが泳いているのが見えたりします。


Trinidad California Beach Tour 2016

 

参考:Redwood Transit System (Northbound) Weekday

RTSの平日時刻表。RTS(Redwood Transit System)はハンボルト郡を南北に走るバスのことで、Northboundは北行きという意味です。この時刻表を見てもらうとハンボルト州立大学(HSU library circle)から一番下のトリニダッドまで43分掛かります。しかも3時間ごとです。

A Wrinkle in Time

再びハンボルトで映画の撮影が行われるようですので紹介します。しかもなんとディズニーが制作する実写映画で、タイトルはA Wrinkle in Timeです。原作は同名の有名な児童文学だそうで、日本語での本のタイトルは『五次元世界の冒険』です。魔法は出てこないけれどハリーポッター的な雰囲気の児童書らしいです。アメリカでの公開が2018年春とかなり先であり、そうなると日本での公開は更に先になるのでしょうが、ディズニー映画ですから日本でもほぼ確実に公開してくれると期待します。出演者は、クリス・パイン(スタート・レック)やリース・ウィザースプーンキューティ・ブロンド)等です。しかし残念ながらハンボルトでの撮影にスターは来ないとのこと。

撮影場所はユリイカのセコイア・パーク(Sequoia Park)という所で行われます。このパーク内には1907年に設立されたカリフォルニア州最古の動物園があります。こんな説明をしておいて何ですが、実は私、このセコイア・パークや動物園を知りませんでした。地図で調べてみると、ベイショア・モールから101を超えてひたすら真っ直ぐ行ったところにあります。学生当時ユリイカには頻繁に行きましたが、101沿いかその近辺で用が済みましたのでこれらの存在を全く知りませんでした。機会があれば是非行ってみたいです。

A Wrinkle in Time (2018) - IMDb

Sequoia Park Zoo

http://www.mitene.or.jp/~t-square/gensou/gojigen/wrinkle.htm

Arcata Weekend Getaway

いい感じの動画を見つけたので紹介します。アルケータでの週末というコンセプトのイメージ動画のようです。この動画を見て、アルケータの夕方から日没にかけての景色の美しさを思い出しました。森の場面はアルケータ・コミュニティ・フォレスト(Arcata Community Forest)で撮影されたと思います。ここはHSUのすぐ裏にあり簡単に行くことが出来ます。1:55あたりで女の子たちが建物の前で踊っていますが、その建物はBair-Stokes Houseと呼ばれる1888年に建てられたヴィクトリア朝様式の建物です。これもアルケータ市内にあり、HSUから歩いて行けるところにあります。 


Arcata Weekend Getaway